スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

バリ島での電気代の支払い方


バリ島不動産投資

電気代の支払い方

最近、日本からプチロングステイする人が増えています。

皆さんによく聞かれるのが電気代の支払い方です。

バリ島のヴィラは、短期で賃貸する場合、宿泊料金に電気代は含まれていますが、

中長期でヴィラを賃貸する場合は、電気代を自分で払うことが多いのです。

バリ島のヴィラには、この電気メーターがついています。

バリ島電気代

1,電気を使用する前にプルサー(プリペイドカード)を、郵便局、雑貨屋、コンビニで買う。

2,希望の金額をチャージする。5000円を入れたければ、5000円分を支払い、番号を貰う。

3,メーターにその番号を打ち込むとすぐに使用できる。


チャージした金額を使い切ると、ピーという高音がずっとお金を入れるまで鳴っています。

電気料金は日本の約70%くらいです。

最近のほとんどのヴィラの電気は、このプルサーを買うタイプです。

昔は、月に一度、電力会社の人が来て、メーターをチェックし、請求金額を通知、

電力会社か郵便局で支払いをする、というのが一般的でした。


ではまた。
未分類 | コメント(0) | 2015/11/18 22:03

11月26日のセミナーは、満席となりました。

11月26日バリ島不動産セミナー

満員御礼!

11月26日のバリ島不動産セミナーは、おかげさまで満席となりました。

ありがとうございました。

現在、会場側に調整してもらい、広い会場に変更してもらう予定です。

変更が決まりましたが、再度セミナーの予約を再開いたします。


==========バリ島不動産セミナーのご案内==========

開催日時 : 2015年11月26日(木) 19:00~21:00

開催場所 : エムワイ会議室 高田馬場
(東京都新宿区高田馬場1-29-9 TDビル3F)

アクセス : JR・東西線・西武新宿線「高田馬場」駅から徒歩2分

http://meijiyasuda-life-hall.com/kashikaigishitsu-takadanobaba/access.html

主  催 : バリ島不動産倶楽部(株式会社IIN)、ASAプロパティ(バリ島現地法人)、株式会社リビングコンシェル

参加費用 : お1人様 1,000円(税込) 当日、受付にてお支払いください。

定  員 : 25名  定員になり次第締切
 
【勉強会の内容】

1 講演「海外投資の魅力」    30分程度 講師 三上純平(バリ島不動産倶楽部代表)
      「なぜ、バリ島の不動産投資なのか?」

2 講演「利回り20%超!バリ島の不動産物件ご紹介」 50分程度 講師 八神 誠(現地法人代表)

3 質疑応答、その他ご相談     30分程度

4 懇親会  近くの居酒屋にて 実費(4000円くらい)にて行います。


【講師の紹介】

三上純平 野村證券入社、その後24歳で学習塾を創業し、事業は成功するものの騙されてすべて失う。
4年後に再び学習塾を創業し、5年間で生徒数1000人を超える規模にし、同時に不動産賃貸、
ネットビジネスを行い、35歳の時にはグループ年商40億円になるが、再び騙されすべてを失う。
それから8年、バリ島での不動産と日本でのホテル事業で復活し、現在はバリ島でヴィラを13軒運営し、
日本で10軒のホテルを運営している。

八神 誠 大学卒業後、国内で20年間不動産業務に携わり、起業後は不動産の任売、リノベーション、
住宅の建売などの事業を行う。
その後、日本の不動産マーケットに限界を感じ、成長する海外市場進出を目指す。
現在はバリ島に移住し、30軒以上のヴィラの建築から運営管理までを行い、
その傍ら不動産業全般、大規模ホテルの開発プロジェクトなどに携わっている。
未分類 | コメント(0) | 2015/11/13 19:01

クロボカンの土地

バリ島不動産投資

クロボカン 売地

バリ島クロボカンの土地 バリ島クロボカンの土地
バリ島クロボカンの土地 バリ島クロボカンの土地

クロボカンの土地です。4アールあります。

デンパサールからスミニャックに抜ける道沿い(お土産物屋のUNAGIがある道)に

HOTEL BPCというのがあります。

そこをまがった直ぐの土地です。


スミニャックまで車で約10分。

この区画は整然とされ割と大きめの土地の区画があり、ヴィラやローカルの家もあります。

外国人も多く住んでいて、割と新しめの住宅街です。

1年半前は1アール800Jrpぐらいで取引をされていましたが、

今、この土地の売値は1アール1400Jrpです。

たぶんこの土地の売主は、「今、うれなくてもいいや、そのうち売れるだろう」という感じで

値段をつけていると思います。

が、ただ近隣に売りに出てる土地も大体同じような価格で売りに出ていたので

クロボカンの相場も上がっているのかな。


未分類 | コメント(0) | 2015/09/03 23:11

トラベルネットに注意!!

バリ島不動産投資

トラベルナビNETに注意!!


今日、僕のメールに 差出人 「トラベルネットtrabelnavi@」

件名 「宿泊予約ご本人様確認手続き」というメールが来た。

思わず、「あれっ?何かの手違いで来たのかな!?」と思うくらい、

それっぽい巧妙なメールだ。

本文は下記の通り。

============ここから===============

(配信停止はメール最下部にございます)

トラベルナビNETをご利用いただき誠にありがとうございます。

もうすぐご出発ですね。
旅の準備に役立つ情報をお送りします。
ご確認の上、お気をつけて行ってらっしゃいませ。
▼旅行詳細
http://lxuys.property-quarters.biz/ctPk/tPfWg/myPcy/SetVXxSiGkEdS

▼今回ご宿泊の宿・ホテル
セントラルグリーンホテル
チェックイン日:明日~ 1泊
チェックイン時間:14:00
食事:朝なし 夕なし
予約番号:57F48GJ6

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 旅先でのグルメ情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼旅先で嬉しいお得なクーポンやグルメ情報が満載です
http://lxuys.property-quarters.biz/NlEV/lEQ/O5X/qENqHPlKypHTys6nNT

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 旅先までの交通手段
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼お車の手配は出発前に済ませて、スマートに旅を満喫しませんか?
http://lxuys.property-quarters.biz/n0N/v0Nqtex5Nn5Qp0T84Qtdt9E

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼【ご注意事項】
・キャンセルは〈不泊100%/当日50%/前日0%〉
・宿泊客がその帰すべき事由により宿泊契約の全部または、一部を解除した場合(第4条第3項の規定により当ホテルが申込金の支払期日を指定してその支払いを求めた場合であって、その支払いより前に宿泊客が宿泊契約を解除したときを除きます。)は、上記に揚げるところにより、違約金を申し受けます。
ホテルが第6条第3項の特約に応じた場合にあっては、その特約に応じるに当たって、宿泊客が宿泊契約を解除したときの違約金支払義務について、ホテルが宿泊者に告知したときに限ります。
・本メールアドレスは送信専用となっておりますので、ご返信いただいても回答はいたしかねます。
・ご予約に関する不明点がございましたら以下の連絡先までご連絡下さい。
http://lxuys.property-quarters.biz/free/c/tra?loginkey=436d7e2717f48836cef8c68d85ab98243bf83b43be09c6e6cba846bf8ee54389

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━
キャンセルは本日中に下記に記載しているURLをクリックして下さい。
http://lxuys.property-quarters.biz/S5Z/05ZV/yq2a/ZSa2U55D92Yi0uTW

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・トラベルナビNETは(株)ライフスタイルフラワートが運営するインターネットサービスです。

旅行・観光情報サイト
【トラベルナビNET】
http://lxuys.property-quarters.biz/xXVF/XVAq/mH2Vx/2YzX/1i1YDagbm
※配信停止はこちらをクリック
http://lxuys.property-quarters.biz/zFBHF/BC82JKBzKEBFHkJEFSR1g1

=========ここまで=============

つい、クリックしそうになりましたが、一応ネットで調べてみたら「迷惑メール」でした。

詳しくは、http://r-dsgn.net/spam-mail
というサイトがありました。

海外に行く機会が多い投資家の皆さま、気をつけてください。









未分類 | コメント(0) | 2015/08/24 21:00

なぜ、海外投資なのか!?

バリ島でビジネスをしていて感じるのは、ラクということだ。

バリ島、インドネシアだけじゃなく、経済成長している国でのビジネスはどこも同じだろう。

では、なぜバリ島のビジネスはラクなのか。成長市場での商売がラクなのか。

ということも含めて、今、なぜ海外投資なのか、を述べてみる。

ご存知の通り、かつて日本にも成長期があった。

戦後40年間で、日経平均株価は400倍ほどになったとのこと。

戦後の日本は、モノ不足の時代。

モノがないから、作れば売れた。

売れば儲かる。

設備投資して、さらに作り、さらに儲かる。

儲かったお金でモノを買うから、すべての業種が儲かった。

儲かったお金で株や不動産を買い、毎年のように値上がりする。

給料も毎年上がり、働き手が少ないから、誰にも仕事があった。

真面目に頑張れば、誰でも一財産作れた。


でも、、今は違う。

日本には何でもある。サービスも行き届いている。食事も美味しい。

そんな国でやるビジネスって何だ?

他の人にはない発想の商品。
他の人には作れない美味しい料理。
他の人には作れない安くて高品質な商品。

などでないと売れない。

さらに、商品サイクルは短い。

日本でのビジネスは厳しい。


その点、インドネシアでのビジネスは楽だ。

もちろん、最初は知らないことだらけだし、言葉も通じない。

でも、経済が成長していて、人々の所得は毎年増えていて、モノへの欲求が強いから

どんどん売れる。

不動産も毎年値上がりする。

だから少しくらい下手打っても、なんとかなる。

ダマされる以外、ソンする理由がない。

人件費や家賃が安いから固定費が少ない。

固定費が少なければ、会社は潰れない。

昔の日本と同じで、誰もが一財産作れる環境にある。

それが、冒頭の「なぜ、今、海外投資なのか」の答えだ。


とはいえ、なんでも揃っていて、便利で、サービスもいい日本はいい国なんだけど、、、。
未分類 | コメント(0) | 2015/07/07 21:57
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。