スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

細かいプレーの大切さ

今日、たまたまテレビをつけていたら、高校野球をやっていた。

準決勝の大阪桐蔭×敦賀気比戦。

なんとなく見始めたら、ずっと見てしまった。

試合結果は、15対9で大阪桐蔭の勝利で終わったのだが、少し思うことがある。

安打の数は、大阪桐蔭が12、敦賀気比が15で、勝敗のポイントを1つだけ挙げるとすれば、

敦賀気比の投手が打者を警戒するあまり、カウントを悪くして甘い球を投げて打たれたり、

フォアボールを出して走者が溜まりヒットを打たれたりし、余計な点が入ったということだ。

実力や選手のポテンシャル的には、投手も打者も互角か、敦賀気比がやや上だったように感じた。

実力は同じでもちょっとしたことで思わぬ結果になる。

人間、能力にそれほどの差はない。

でも、人生では差がつく。

この歳になると、良い習慣も悪い習慣も当たり前のことになりがちだ。

もう一度見直してみよう。

できる工夫をしてみよう。

久しぶりに見た高校野球で、改めて初心にかえった。
スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | 2014/08/24 17:45
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。