ZIVILIA 「AISHITERU」の歌詞


バリ島でカラオケを歌う

前記事で、この曲は聞いていただいただろうか。

ぶっちゃけた話、これを日本人が歌うのはかなり難しい。

だが、私があえてこの曲を紹介するのにはワケがある。

ナント、この曲は「遠距離恋愛」の切なさを歌ったものなのだ。

ローカルでさえ速いと感じるこの曲を外国人が練習して歌う、

しかも「遠距離恋愛」の歌なんて、嬢の心を捉える助けになるだろう。

まあ、それも我々が外国人だからこそできるベタな技なんだけど、、、。

では、始めよう。

ZIVILIA [AISHITERU]「愛してる」

Menunggu sesuatu yang sangat menyebalkan bagiku

Menunggu = me + tunggu tunggu : 待つ  meをつけて丁寧な表現にしている。
                             歌だから音や語呂もあってmeをつけたものと思う。
me をつける後がtの時は、t を n に変える。

sesuatu : 何か

yang : 関係代名詞

sangat : とても

menyebalkan = me + sebal + kan  kanは、他人からされる場合につける。この場合は、(彼女のお陰で)イライラする。
                      ことが分かる。
sebai : いらいらする

bagiku : 私にとって

ここを直訳すると、「何かを待つことは、私にとってとてもイライラする」となる。

歌なので訳すと、「君を待つことは、僕にとってとてもつらいけど」

Saat kuharus bersabar dan terus bersabar

Saat : 時

kuharus : ku + harus ku = aku harus : ~しなければならない

bersabar = ber + sabar sabar : 忍耐、我慢 ber をつけて動詞になる
       耐える、我慢する

dan : 英語の and

terus : ずっと

直訳すると「その時、僕はずっと耐えて耐えなければならない」

Menantikan = me + nanti + kan nanti :あとで  Menantikan = Menunggu : 待つ

kehadiran = ke + hadir + an hadir : 今いる 

dirimu = diri + kamu  diri : 自分  diriku = diri + aku 自分自身  dirimu : あなた自身

直訳だと「あなたが、今ここにいる(状態)を待つことは」、つまり「君が戻ってくるのを待つことは」


とりあえず、今日はここまで。

ではまた。



スポンサーサイト
同胞男性限定!インドネシア語 | コメント(0) | 2014/09/27 12:44
コメント

管理者のみに表示