スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

Judika 「Aku Yang Tersakiti」の歌詞2

能書きはなしで、本題を。

Judika 「Aku Yang Tersakiti」

Pernahkah kau merasa Jarak antara kita Kini semakin terasa Setelah kau kenal dia
キミは彼女と別れて、もっと彼女が気になる、そんな経験があるかい?

Pernahkah = Pernah + kah  ~したことがありますか?  
Pernah ~したことがある
kah ~ですか

kau = kamu あなたは  
kauは昔の言葉で今はほとんど使わない。東インドネシアでは割と使うが、ジャカルタでは馬鹿しにた言い方になる。

merasa 感じる     Jarak  距離

antara 間         kita  私たち

Kini  今          semakin  もっと

terasa  気になる    setelah ~した後

kenal 知っている     dia 彼女(彼)

Aku tiada percaya Teganya kau putuskan(aku) Indahnya cinta kita Yang tak ingin ku akhiri


Aku   私     tiada=tidak ~しない

percaya 信じる  Teganya tega + nya tega 気にしない 眼中にない

putuskan= putus + kan   putus 2つに割れる 2つに別れる

この「kan」は動詞の後につけるもので、相手が起こしたことに対して使うもの。
この場合は、彼女が別れると言い出した、ということ。

Indahnya indah + nya  indah 美しい   nya 形容詞を名詞にしている   → indahnya 美しさ  

cinta 愛    kita 私たちの

Yang ここでは関係代名詞で前の言葉を修飾している

tak = tidak ingin = mau ~したい

ku = aku 私

akhiri = akhir + i akhir 終わり  i は接尾辞で相手を指す
この場合は、「私とあなたは終わりたくない(別れたくない)」ということ。

Kau pergi tinggalkanku
あなた(の心)は、僕を残して行ってしまった。

pergi  行く   tinggal + kan + ku  tingal 残す  kan 相手の行動につける  ku = aku

Tak pernahkah kau sadari Akulah yang kau sakiti

sadari = sadar + i  sadar 気がつく   i は接尾辞で相手を指す

Akulah = aku + lah aku 私は   lah ~だよ

sakiti = sakit + i sakit 痛い、病気  i は接尾辞で相手を指す
ここでは直訳すると、「あなたのお陰で(心が)ツライ、痛い」となる。


今日のところは、ここまでで、、、、。

それにしても、普段使わない言い回しが多くて大変だ。

続きは次回に。
スポンサーサイト
同胞男性限定!インドネシア語 | コメント(0) | 2014/09/22 01:36
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。