スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

カネで解決できないこと(蟻の話)

生きていれば、苦痛やトラブルつきものだが、その多くは金で解決できる。

海外ビジネス、というと「危険なんじゃないの?」と言われることがあるが、そうでもない。

余程のことがない限り、安全は金で買える。

バリ島に来た時、とにかく嫌だったのが、犬、蚊、蟻が多いことだった。

人が相手ならカネで解決もできるが、犬や虫はどうにもできない。

まず、犬だが、、、バリ人は犬好きが多い。

それはいいのだが、結構普通に放し飼いにしている。

夜になると、サヌールあたりでは犬がウロウロしていて気持ち悪い。

慣れない頃は、どの犬も獰猛で悪そうに見えた。

小型犬さえも(笑)。

とはいえ、犬と蚊はバリでの生活に慣れてくるとそれほど気にならなくなる。

問題なのは、蟻。

ところで、あなたは蟻の顔って知ってますか?

こんな顔してる。
バリの蟻

バリには、蟻がたくさんいる。

それも、いろいろな種類の蟻がいる。

部屋の中にも、トイレにも、便器にも、どこにでも蟻はいて、甘いモノがあるとすぐに群がる。

だから、食べ物をこぼしたらすぐに片付けなければいけない。

バリに来たばかりのころ、1泊1000円の安宿に泊まった。

安宿とはいえ、エアコンがあり、ダブルベッドでそれなりに快適だった。

ただ冷蔵庫とテーブルはなかった。

ある日、チョコレートパンを食べ、残した半分をクーラーボックスの上に置いた。

翌日、残り半分のチョコレートパンを食べた。

??? 妙な味がする。

1日たって傷んで、味が変わったのかなぁ。

捨てるのはもったいなし、まあいっか、と食べ続けた。

でも、ヘンだ。 やはり変な味がする。

チョコレートに蟻がたくさん群がっている。

ゲェェ~っ、アリだぁ。

蟻を食ってたのかぁ。

鳥肌、鳥肌、鳥肌、、、。

翌日、お腹は大丈夫だった。

食べ残しには気をつけることである。





スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | 2014/08/21 19:52
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。