今のバリ島は、日本の昭和40年代後半


これからのバリ島不動産投資チャンスを考える


バリ島サヌール


これまで、過去のバリ島について記事を書いた。

要点は以下の通りである。

・ 為替 : 日本円に対して、インドネシアルピアは6倍になった。

・ 物価 : 全体的に、バリ島の物価は10倍以上に上がっている。

・ 土地 : バリ島南部の土地は、ルピア建てで50倍以上になった。

いずれも、10年から15年前と比較している。

さて、これからバリ島の土地価格は上がるか。

具体的には、ヌサ・ドゥア、ジンバラン、クタ、レギャン、スミニャック、クロボカン、チャングー、ウマラス、

サヌール、デンパサール、ウブドなど、知られている街について考えてみる。

いずれも、デンパサール空港から30分以内(ウブドを除く)の街だが、これまでのようなペースでの

土地の値上がりは考えにくい。

では、バリ島の不動産ビジネスのチャンスは少ないのか。

私は、これからもバリ島の不動産はチャンスが続くと考えている。

ただし、ビジネスの取り組み方を変える必要はある。

今のバリ島は昭和40年代後半の日本と似ている。

それなりの金持ちだけが車を買い、マクドナルドに行く。

日本にマクドナルド1号店ができたのが1971年(昭和46年)。

大卒初任給(平均)46400円、タクシーの初乗り130円、JR初乗り30円の時代に、

マクドナルドのビックマックの値段は200円もした。

私は小学校の時、マクドナルドは憧れで親にお願いして連れて行ってもらったが、

すごく高くて申し訳なかったという記憶がある。

現在のバリ島の最低賃金を日本と同基準で考えると20000円ほどである。

大卒初任給だと30000~50000円ほどのイメージだ。
(バリ島の場合、チップなども含めて考えるから実際より高くなる)

バリ島のマクドナルドの値段は、日本と同じか少し安い程度なのだが人気がある。

彼らにとって、スターバックス、ピザハット、マクドナルドはちょっと憧れである。

これは現地に住む私の生活実感だ。

今のバリ島を日本の昭和40年代後半を考え、

次回、これからのバリ島不動産の投資チャンスを考察する。





スポンサーサイト
バリ島の不動産投資戦略 | コメント(0) | 2014/09/03 01:22
コメント

管理者のみに表示