スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

男性限定!究極のバリ島インドネシア語


バリ島いると「いま、インドネシア語ができればなぁ」と強烈に思う時がある。

それは、、、女性と2人になる場面である。

バリ島個室カラオケ


私はバリ島で生活しているから多少のインドネシア語はできる。

しかし、恋愛するとなるとハードルが高い(笑)。

実際のところ、バリ島での仕事でインドネシア語ができなくて困ることは少ない。

日本語がわかる優秀なスタッフを安く雇うことができるからだ。

それでも私の場合、投資家から大きなお金を預かっているわけで、契約の際インドネシア人同士の

会話の内容くらいは分からないと困る。

だから、インドネシア語を勉強し多少は分かるようになったし、今も勉強している。

もちろん、仕事のために。

かくいう私もバリ島に来た頃は、インドネシア語は全く分からなかった。

バリ人の先生に来てもらって教えてもらっていたが、この歳になっての勉強は面倒であり、

通訳がいたので不自由もなく、モチベーションが上がらなかった。

何より、外国語の初歩の教科書というのは、「父、母、私、あなた、学校、仕事」といった

基本単語ばかりで面白くない。

実践的でないのだ。

そのため、始めのことはほとんど上達しなかった。

上達し始めたのは、インドネシア語が話したい、話せないと困る、話にならない、

と強烈に思う場面を想定した勉強をしたからだ。

それが、冒頭の「女性と2人きりの会話」である。

個室カラオケ、個室マッサージ、、、など、バリ島には何かとそういう場面がある。

「うおおおっ!インドネシア語ができれば!!」

そんな同胞のために、実践!速攻!豪快?究極!のインドネシア語会話を始める。

【18禁、女性の閲覧厳禁】【同胞男性必見!】

次回からスタート。

スポンサーサイト
同胞男性限定!インドネシア語 | コメント(0) | 2014/08/30 00:33
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。