バリ島の不動産エージェント

バリのエージェント、ポーラ

バリの不動産エージェントと付き合っているが、それこそいろんな国のエージェントと付き合いがある。

フランス人、スコットランド人、イギリス人、スペイン人、オーストラリア人、ロシア人・・


大体彼らとは連絡を取るのが大変だ。

電話しても出ない。

メールをしても返事がない。

休みの時はなおさらだ。

また仕事が終わるのが早い。

5時前には終了だ。

夜電話しても電話に出ない。

メールしても返事がない。

夜と言っても7時ころの話だ。

マァそういうものだと思って付き合ってるので腹も立たないが。


何度か取引をしても自分たちのほうが上だと思っているのか、上から目線で物を言ってくる。

こんなことがあった。

あるエージェントの物件にお客さんを案内したいと思った時のこと。

その物件は以前に見たことがあり、場所も知っていた。

案内したい日はその担当者スコットランド人のポーラは、他の用事があるので、ダメだと言う。

それなら誰かほかの人間に案内してくれと言ったが、ダメだと言う。

なら持主に連絡してくれ、直接行くから。 それもダメだと言う。


話しにならない。

何故だめなのか?

ダメなものはダメだ。

これ以上話が続かない。

こちらも頭にきたが、案内したかったので、そこの会社の他の人間に電話すると言った。

そうすると待て、こちらから連絡する、とその人間にアポを取ってくれた。

なんだ出来るじゃないか!

案内した時、代わりに来た人間にそのことを話すと、「問題ないよ。同じ会社だから」と言ってきた。

しかしその日の夕方、ポーラから電話があり、「面倒はごめんなので次から直接電話しないでくれ」と言われた。

何を言ってるんだ!こっちは面倒を起こすつもりはさらさらない。

お前らのほうが面倒なやつらだ。

彼女とは、以前打ち合わせをして、後日お客さんに案内する物件を決めたことがあった。

案内する日が決まり、〇〇日に先日打ち合わせした物件に案内したい、と話した。

「どの物件?」と聞かれた。

「だから打ち合わせした時に決めた物件だ」と話したらまた最初から言えと。

こいつ!完全に舐めてる。

バリ島の不動産エージェントはこんなことが多いのだ。


スポンサーサイト
日常のこと | コメント(0) | 2016/01/25 22:00
コメント

管理者のみに表示