スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

悪魔のフルーツ、ドリアン

バリ島不動産投資

ドリアン中毒になった!?

もう少しでドリアの季節になります。

バリ島ドリアン1 バリ島ドリアン2


街道沿いにトラックがドリアンを荷台に積んで、売っています。

家に持ち帰る人もいますが、その場で食べていく人も多くいます。

私も何度かドリアンを売ってる車を見つけ、その場で買って食べました。

バリ人は叩いてみたり、匂ってみたりして、おいしいのを見分けます。

結構とげが固いので、当たると出血したりします。

木の上になるので、頭に落ちるとちょっとしたけがではすみません。

死んだ人もいるんだとか。

値段は、バリ島では日本円で1個300円~500円ですが、

日本では、一度東京で売っているのを見ましたが8000円くらいしてました。


ドリアンは、インドネシア人も大好きな人が多いです。

日本人は、ドリアンが苦手という人が多いですが、食べ慣れていないからだと思います。

私も初めて食べたときは、臭いし、ネチョネチョしていて、美味しいと思いませんでしたが、

何度か食べていくうちに、癖になってしまいました。

「フルーツの王様」といわれるドリアンですが、「悪魔のフルーツ」とも言われます。

その理由は、危険だからです。


1,お酒と一緒にドリアンを食べると死ぬ

本当かどうか分かりませんが、東南アジアではそう思っている人は多いです。

試したことがないので、実際には分かりません。

2,ドリアン中毒

ドリアンは不思議な食べ物で、何度か食べているうちにその美味しさが分かるようになります。

一度美味しさが分かると、ドリアンが食べたくなり、ドリアンを売っている車を見つけると

食べてしまうのです。

これは、他の食べ物にはないことです。

3,臭い

ドリアンはとにかく臭いです。

あまりに臭いので、ドリアンの持ち込みが禁止されている場所もあります。

冗談抜きで、バスから降ろされたり、警備員につまみ出されることがあるそうです。

4,トゲが危険

ドリアンは木になっていますから、落ちてくることがあります。

頭に当たるとちょっとしたケガではすまず、死んだ人もいるという話です。


日本人はこの匂いがダメという人が多いです。

私もそうでしたが、匂いを我慢して食べてみることをお勧めします。

そのうちに美味しさがわかります。

きっと癖になりますよ。
スポンサーサイト
日常のこと | コメント(0) | 2015/10/12 20:16
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。