スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

中国の勢いはすごいな


バリ島不動産投資

インドネシアの高速鉄道工事は、中国が受注しました。

このニュースは、バリ島でもそれなりに話題になっています。

なぜなら、戦後日本は長い間インドネシアに経済援助をしてきたので、

国内のインフラは日本の技術や仕組みが多かったからです。

インドネシアの道路は日本と同じ左側通行、信号の感じも日本と似ています。

なので今回もまた、日本だろうという雰囲気の中での、中国の受注。

ちょっと意外でした。


さて、バリ島の投資家も最近は中国人が増えました。

基本的にインドネシアのお金持ちは華僑が多く、これまでバリ島の不動産は

ジャカルタの華僑(国籍はインドネシア)が買っていました。

でも、最近は中国本土の金持ちが買っています。

旅行者も中国人が毎年倍増しているから、最近の看板や飲食店のメニューは中国語も目につきます。

2,3年前までは、インドネシア語、英語、日本語、というのが当たり前だったのに。

仕方ないと思うけど、さすがに寂しい。

がんばれ日本!!



スポンサーサイト
日常のこと | コメント(0) | 2015/10/01 21:18
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。