海外の銀行金利

バリ島不動産

バリ島には世界中から人が集まっています。

さすがに、アフリカ人は少ないですが、、。

彼らと話していると、日本と違うことがたくさんあります。

文化的には、日本が優れていることが多いですが、投資についてはどうかと思います。

いずれにせよ、グローバル化した世界で生きていくわけで、

今日は投資という分野において、日本の普通という感覚が世界的にどうかを考えてみます。

銀行金利

お金持ちは「5%で運用しないと、お金は目減りする」とよく言います。

実際のところどうでしょう。

世界でも特に金利が高いのは、南米や中東で

アルゼンチン 25%
イラン      22%

などでしょうか。あとは、

ウクライナ  20%
モンゴル   15%

ブラジル 13% ロシア 12% シリア 10%、ジンバブエ 10%、

アジアだと、ミャンマー、インド、パキスタン、インドネシアなどが7~8%くらいでしょうか。

先進国は、、、1%から1.5%くらい。

日本は、特に低くてほぼゼロです。

南米やアフリカは、全般的に金利は高いですが、さすがに為替やインフレのリスクがありすぎて

怖いですよね。

とはいえ、安定している先進国だとちょっとおもしろくない。

不動産の利回りは、金利にプラスして5~10%くらいなので、バランスよく5%にできればいい

というところだと思います。

それにしても、日本の金融機関ももう少しいい商品を作って欲しいものですね。

















スポンサーサイト
投資の考え方 | コメント(0) | 2015/07/14 01:10
コメント

管理者のみに表示